相続税 贈与税 対策

相続税・贈与税の正しい知識がないと…

相続税,贈与税,対策

相続は、普段はあまり馴染みが少なく意識することもほとんどないと思います。しかし、いざそういった状況になった時、普段あまり意識していない分、情報や知識がまったくない…という人も多いと思います。

 

「税制が変わった」「相続・贈与税はどれくらい払わなければいけないの?」「どれくらいの遺産が自分に入ってくるの?」「遺言ってどういった物なの?」など、書き出せばきりがないくらい出てきてしまいます。

 

普段、日常的に払っているような所得税などとは違い、相続税は人生の内でも数回程度しか払う事はない物です。

 

だからと言って、何も対策をしなければ非常に高額を納税しなければならないという事態にもなりかねません。この税に関係した様々なもめ事に巻き込まれる可能性もあります。

 

そういった意味では、相続税は税金の中でもトラブルの多い特に気を付けなければいけない物と言ってもいいと思います。


節税対策ともう一つの大切な事

「相続・贈与」というキーワードから大抵の人は「節税」と思い浮かべると思います。
しかし、それは半分正解で半分間違えです。

 

もちろん「節税対策」は非常に重要です。
しかし、それと同じくらい「もめない対策」も重要です。

 

財産が少なければ争いは起こらないと考えている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
ですので、「相続争い」を起こさないような「もめない対策」が大切なのです。

 

財産が少なくても「相続争い」は起こる!

 

相続税,贈与税,対策

相続は実に色々な問題となりうる要素が含まれています。税金がかからない程度の少ない遺産を巡ってでも「自分の取り分」を巡ってトラブルが発生したという話もよく聞きます。

 

特に分割出来ない財産(自宅だけであったりする場合)に複数の相続人がいる時に問題が起こりやすいといいます。

 

こういった場合でも事前に準備をしておけば、「私は自宅、あなたがたは預金」という風にトラブルを回避する事も出来ますし、自宅を売って分割しなければならない…といった様な問題も防ぐ事ができます。

 

他にも、遺言書に「財産を特定の人間にゆずる」と書かれているような場合は、遺族間の争いが起ってしまうケースが多発しています。

 

不景気と言われる現状で、誰でも「もらえる物はもらいたい」と思うでしょう。このような「経済的不安を抱く心理状況」が「相続争い」を生み出しているのかもしれません。

 

先程も言いましたが、親族間の争いは何も言い結果を生みません。それどころか、争いが元で税金を余分に取られてしまうといった事もおこってしまうのです。
何より今まで築いてきた人間関係が、相続問題により崩壊してしまう事は、遺産を残す側の方の気持ちを考えても非常に残念です。

 

相続の事はプロに介入してもらうのがベスト!

相続の問題は法律も複雑でとても素人には手に負える物ではありません。こういった背景から各々が自分の権利を主張しだして、やがてトラブルの元になる事が多いんです。
このような問題を起こさない為にも、プロである弁護士や税理士に介入してもらうのがベストです。
また、税制や法律の解釈も非常に難しく、「遺留分」「分割協議」「限定承認」などの素人は聞いた事がないような言葉もよく登場します。

 

わからない事は自分達でなんとかするのではなく、プロに依頼して安心して遺産を相続する事をオススメします。